読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きのカーライフ

ゆっくりまったりな趣味ブログ。車に関する気になったニュースの備忘録など。

3月11日までに免許を取得した方がいい!?

道路交通法が改正され、新しく「準中型免許」が新設されます。

2017年(平成29年)3月12日に施行されるので

3月11日までに免許を取得した方がいいと言われています。

どうしてなのか、どこが変わるのか。

 

どうして?

中型免許は20歳以上、普通免許保有2年以上が受験の条件なので

高卒の人は普通免許しか取ることができません。

このままでは18歳以上は車両総重量5トンまでの車しか運転できない。

 

そこで準中型免許が新設されれば

18歳以上で取ることができるので

最初から準中型の免許を取ることもできます。

準中型免許は車両総重量7.5トンまで運転できるので

高校の新卒者の雇用が促進され、ドライバー確保も期待されています。

 

普通免許で運転できる車の種類が少なくなってしまいます

今免許を持っている人、3月11日までに交付された免許証は

普通免許で総重量5t未満、積載量3t未満の車を運転できる。

※次の免許更新時に「準中型(5t限定)」になります。

 

3月12日以降に交付された免許証は

普通免許で総重量3.5t未満、積載量2t未満の車を運転できる。

 

引っ越しやホームセンターで無料貸出できる2tトラックも

改正後は「準中型」の免許がないと使えなくなってしまいます。

 

改正前に取れば、同じ免許証でも

「準中型」になり運転できる車の種類も多い。

免許取り消ししたり、新しく取り直さない限り生涯変わりません。

 

そんなに良く乗る機会はないかもしれませんが

準中型の免許を取るためには、また時間も費用もかかってしまいます。

どうせなら改正前の方がお得と考える人は

早めに運転免許を取得した方が良さそうです。