読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きのカーライフ

ゆっくりまったりな趣味ブログ。車に関する気になったニュースの備忘録など。

高速道路を逆走するのはなぜ?

高速道路を逆走して起こる事故。

中央分離帯にガードレールがあれば走行車線がわかりやすい。

でも中央分離帯がない高速道路もあります。

中央分離帯がなく、前や対向車線に車がなかったら

分かりづらいのかもしれません。

ですが、高速道路の逆走はなぜ起こるのでしょうか。

 

行き先を間違えて逆走

目的の出口を間違えて逆走

行き先を間違えたり、出口を間違えると焦ってしまい

思わず逆走・・・

高速道路だと思うと余計に焦ってしまいますよね。

 

料金所に入って中央帯を横切ってしまい逆走

これは間違えて逆走していることに気がついていない

可能性が高い間違い。

危ない!(>_<)

 

逆走といえば「高齢者」のイメージがありますが

実は全ての年齢で逆走の事故は発生していて

意外と20~34歳も多いのです。

 

高齢者によるものが約70%と特に多いですが

免許を取ったばかりの若い世代でも件数は多く

運転に慣れた35~44歳は件数が少ないようです。

 

逆走を防ぐために

「逆走中」の看板や道路に矢印のある所もあるようです。

 

焦ってつい逆走したくなる気持ちも分からなくはないですが

間違えても高速道路では簡単に戻れません。

高速道路ではUターンもバックもできません。

前に進むしかありませんので

間違えに気づいても決して戻らず焦らずに

次のインターチェンジに向かいましょう。