読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きのカーライフ

ゆっくりまったりな趣味ブログ。車に関する気になったニュースの備忘録など。

車の色が濃い方が車内の温度は高いの?

白い車と比べると黒い車の方が暑い

こんな話は聞いたことがありませんか?

 

確かに暑い夏の日に黒い車のドアを開けるとき

白い車よりも暑いような・・・?

 

実際に表面温度は最大で20度以上も違う場合があるそうです。

 

車内温度はある実験では

黒い車の車内の最高温度が57度、平均温度が51度

白い車の車内の最高温度が52度、平均温度が47度

 

最高温度は5度、平均温度は4度の差がありましたが

車内温度はそれほど変わらないようですね。

 

他の実験を見ても室内の2時間後の温度差は最終的に5度でしたが

温度が上がるスピードは10分で10度近く差がついています。

やはり色の濃い車の方が室内温度が上がるスピードが速いようです。

 

長時間、車から離れる場合は、そんなに温度差はないですが

短時間でも室内温度が高くなるので、色の濃い車は

サンシェードを使用するなどしっかり対策することをオススメします。

 

また、赤ちゃんがやけどしないようにチャイルドシートにも

日よけカバーがあると安心です。

チャイルドシートは色が黒いデザインのものが多いですし

金具部分が金属だったりするので注意したいですね。

 

白や明るい色は光を反射しますが

黒や暗い色は光を吸収しますので

その分やはり色の濃い車の方が暑くなってしまいます。

 

室内の温度はそれほど差がないので

高級感があってカッコいい黒や濃い色の車が好きなら暑さを気にせず

好きな色の車に乗りたいですよね!