読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きのカーライフ

ゆっくりまったりな趣味ブログ。車に関する気になったニュースの備忘録など。

自動車の「自動運転」運転手がいない車が走る日も近い!?

技術

2016年にリオオリンピックが終わり

いよいよ次は2020年東京オリンピック

東京オリンピックに向けて様々な業界で準備が始まっています。

 

中でも自動車の「自動運転」はもうすぐ本格的に始まるとか。

今年の3月には沖縄県の公道で路線バス

秋には高速道路で大規模な実証実験が行われるなど

運転手のいない車が普通に走る日も近いのかもしれませんね。

 

自動運転には4つのレベルがあり

レベル1

衝突回避機能などのひとつの機能が自動で動く

レベル2

ハンドルの上に手を置いているだけで、人間はもしものときだけ対応する

高速道路で同じ車線を走り続ける間の自動運転など

レベル3

常に人が監視していなくても良い

レベル4

完全に機械が運転する

 

自動ブレーキ機能のついた車はもう各社で販売されていますし

自動運転機能のついた車も昨年から発売されています。

レベル1とレベル2の車はすでに普通に買える、乗れる時代になりました。

となると次はレベル3・・・

人が常に監視していなくても良い車の実用化でしょうか。

 

長距離の運転は疲れて事故を起こす危険性も高くなりますから

運転席に座っているけれど、常に運転しなくても良くなれば

長距離移動でも疲れにくくなり、その結果事故を減らすことができる

早くそんな社会になって欲しいですね。