読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きのカーライフ

ゆっくりまったりな趣味ブログ。車に関する気になったニュースの備忘録など。

事故率に車の色は関係している!?

車の色によって事故率は変わるのか。

調べてみると事故に遭いやすい車の色は確かにあるようです。

 

事故率が高いのは「青」

青や水色のブルー系はキレイな色ですが後退色です。

後退色は実際の位置よりも後ろにあるように見えます。

つまり、『まだあの位置なら大丈夫』と思っていたら

意外と車間距離がなく、近くにいてぶつかるなどの事故が考えられます。

 

事故率が低いのは「赤」

赤色は青とは逆に進出色です。

進出色は実際の位置よりも前にあるように見えます。

また、高速道路など緑の多い背景だと赤は色相差があるため目立ちます。

 

「黄色」も良く目立つ

黄色は「注意」の意味でも良く使われる色でもあり

緑の多い所でも、都会の道路でもよく目立つので

見えなかったということは少ない色と言えます。

 

一番事故に遭いにくいのは「シルバー」

シルバーはメタリックの塗装で反射しやすいためよく目立ちます。

 

「白」も反射して目立つ

白も明るい色なので暗い夜でも反射しやすく目立つ色です。

 

「黒」はカッコいいけど要注意

黒は危機感を感じさせる色のため事故率は低いとされていますが

暗い夜は認識しにくくなる色なので要注意です。

 

事故に遭いやすいランキングは車の数も関係しているかもしれませんが

白やシルバーの車よりも青の車の方が数は少ないと思うので

それでも事故率が高いということは色も関係しているのかなと思いました。

 

この色なら絶対に大丈夫という色はなくても

色で事故を少しでも防げるのなら・・・

そんな人は事故率の低い色を選んでみるのもいいかもしれません(^-^)

高速道路で黒い塊・・・正体は!?

改めて夜の高速道路の恐ろしさを知った事故の話。

雨の日の夜、高速道路で多重事故。

 


 

最初に事故を起こしたのは黒い車でした。

追い越し車線を走っていると

アクセル操作をあやまりスリップしてしまいます。

なんとかしようとしたもののガードレールに激突し

その勢いで追い越し車線まで飛ばされてしまいました。

 

その車は衝撃でライトが点灯しなくなってしまいます。

中にはまだ運転手が乗っています。

 

そして追い越し車線を走っていた車

止まっている黒い車に気づいて避けようとしますが

間に合わずに追突してしまいます。

そして衝突した車中央分離帯で停まりました。

 

そしてさらにトラック黒い車に追突してしまいますが

このトラックはなんとか自力で路肩へ停車します。

 

さらに走行車線を走っていたトラックが黒い塊に気づいて減速しました。

この減速したトラックを追い越そうとした後続車が追い越し車線へ。

黒い塊に気づき慌てて急ハンドルを切ったため

トラックに追突してしまいました。

 

黒い車の運転手は命に別状は無かったものの

自分で事故を起こしてから2回車に追突されてしまいました。

 


 

この事故では

衝突の衝撃でライトが点灯しなくなってしまったこと

夜で周りが暗いうえに黒い車だったこと

がさらに事故に繋がってしまったのかもしれません。

 

運転手の人は意識はありましたが

衝撃で何回車がぶつかったなど詳しいことは覚えていないとのこと。

三角表示板や発炎筒で周りに事故を知らせることができる状態ではなく

ライトも点灯していないし、夜で黒い車だったため

止まっている車の発見が遅れたようです。

 

もしも最初に事故を起こした車が黒い車ではなく

白や黄色、他の色だったら・・・

後続車に早く気づいてもらえて

被害はもしかしたら少なかったのかもしれません。

 

黒い車は夜間ではライトがついていなければ

近づかないとそこに止まっていることが分かりづらい。

高速道路でスピードを出していたら気づいても

止まるまでに距離が必要ですから怖いですね。

 

高速道路では長時間運転しますし

スピードが出ている分一般道を運転するよりも疲れます。

こまめに休憩しながらの運転が大切ですね。

 

夜の高速道路は特に気をつけなければならないと

改めて思った事故でした。

車のナンバーに「へ」がない理由

車のナンバープレートには

地名、数字、ひらがなが使われていますよね。

 

聞いたことがあるかもしれませんが

「わ」はレンタカーにだけ使われています。

「わ」の車を見かけたらその車はレンタカーだとすぐに分かりますね(^-^)b

 

もし「わ」が使えなくなったら

次に使われるひらがなは「れ」だそうです。

 

ひらがなの中でも使われていない文字が4つあるのをご存知でしょうか。

「お」「し」「ん」「へ」

 

「お」は「あ」に似ているので間違えやすいから。

「し」は「死」を連想するので縁起が悪いから。

「ん」は車移動の連絡などでナンバープレートの番号を言うとき

発音しにくいから。

 

そして「へ」は「屁」を連想するから。

えっ!?なんか思っていたのと違う・・・

そんな理由だったとは(^_^;)

気にしなければ大丈夫のような気もしますけどね。

この話を聞いていたら気になってしまうかもしれませんね。

 

事業用は

「あいうえかきくけこを」

自家用車は

「さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ」

とちゃんと分けられているそうです。

 

廃車になる車もありますから

足りなくならないのかも知れないですが・・・

もしも、ひらがなが足りなくなったとしたら

ひらがなの部分は何になるのでしょうか(* ̄∇ ̄*)

 

チャイルドシートの種類と設置位置

子供を守るチャイルドシートには

ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシート

3種類があります。

 

それぞれに使用時期が違います。

 

チャイルドシートの着用義務は6歳未満

5歳まではチャイルドシートを着用しなければなりません。

 

また、車のシートベルトは

身長140cm以上を想定して設計されているため

身長140cm未満の子供は

チャイルドシートの使用をオススメします。

 

●ベビーシート

新生児~10ヶ月くらいまで

体重10kgくらいまで

身長65cmくらいまで

首がすわる前の乳児を寝かせて使用します。

後ろ向きに使用するものが主流。

 

チャイルドシート

9ヶ月~4歳くらいまで

体重10~18kgくらいまで

身長65~100cmくらいまで

幼児用で前向きで使用するものと後ろ向きで使用するものがある。

 

●ジュニアシート

4歳~10歳くらいまで

体重は15kg~36kgくらいまで

身長100cm~135cmくらいまで

シートの上に装着し、その上に座ることで足りない座高を補い

シートベルトを正しい位置でつけることができる。

 

ベビーシートは車が正面衝突した時に背中で衝撃を分散させて

頭を守るために後ろ向きのものが主流になっています。

 

「Eマーク」のついたチャイルドシートを選んで

国土交通省が安全基準を満たしたものに認証している「Eマーク」のついている

チャイルドシートがオススメです。

命にかかわることなので、より安全なものを選びたいですよね。

 

チャイルドシートの設置位置

チャイルドシートを助手席で使用しても違反にはなりませんが

設置する位置としてはあまりオススメできません。

 

実は助手席は後部座席よりも交通事故が起きたときの

死亡率が高いのです。

 

助手席にはエアバッグがついていますが

これも体の小さな子供には顔が押し付けられると

窒息してしまう可能性があり危険です。

 

助手席に乗せるときは

チャイルドシートを助手席に設置するときは

シートをできるだけ後ろに下げて

エアバッグから遠ざけましょう。

 

一番安全な場所は

運転席の後ろの席と言われています。

2番目がその隣の助手席の後ろ。

その時の状況によって違うのでこの順番が絶対ではないですが

助手席よりも後ろの席の方が安全なようです(^-^)

免許を返納したら認知症に!?免許返納のリスク

高齢者による事故が報道されるたびに

いつまで運転するべきか

免許返納するべきか

運転できる年齢を決めるべきか

いろいろな議論がされていますが

すぐに何もかも決まって丸く収まるわけはなく・・・

 

免許返納することで認知症になるかもしれないという意見もあるようです。

実際に免許を返納した後に、認知症の症状が出たという人も。

返納したから認知症の症状が出たのか

高齢ということもあって症状が出たのかはわかりませんが

その方は自分で運転してゴルフに行っていたのに

返納後はゴルフに行く機会が減り

家で過ごす時間が増え、しばらくして認知症の症状が出たそうです。

 

運転は短い時間に考えることが多く、脳トレになっていて

脳に刺激を与えている。

それをしなくなったら認知能力が落ちる可能性が・・・(´・ω・`;)

 

車を運転して買い物に出かけたり

友人に会いに行くのが楽しみだったという人が

車を運転できなくなってしまったら・・・

 

外に出る機会が減り、家でボーっとする時間が増えてしまったら

頭を使う機会が減ってしまったら

認知能力が落ちても不思議ではありません。

 

また免許を返納してしまったため

病院に通うのにタクシーを利用しなければならなくなり

金銭的にも苦しいという声も。

 

車は行動範囲を広げてくれる

歩くだけでは行けない所に行ける“足”となってくれます。

 

高齢でも元気でしっかりしている方はたくさんいるので

○歳になったら返納と決めずに

検査をしっかりして運転できるかを判断し

結果によっては返納。

 

とにかく先に「返納して」ばかり言わずに

返納した後の移動の不安がなくなるようにしてから

『これなら返納しても大丈夫』と思えるような

社会になっていってほしいと思いますm(__)m

3月11日までに免許を取得した方がいい!?

道路交通法が改正され、新しく「準中型免許」が新設されます。

2017年(平成29年)3月12日に施行されるので

3月11日までに免許を取得した方がいいと言われています。

どうしてなのか、どこが変わるのか。

 

どうして?

中型免許は20歳以上、普通免許保有2年以上が受験の条件なので

高卒の人は普通免許しか取ることができません。

このままでは18歳以上は車両総重量5トンまでの車しか運転できない。

 

そこで準中型免許が新設されれば

18歳以上で取ることができるので

最初から準中型の免許を取ることもできます。

準中型免許は車両総重量7.5トンまで運転できるので

高校の新卒者の雇用が促進され、ドライバー確保も期待されています。

 

普通免許で運転できる車の種類が少なくなってしまいます

今免許を持っている人、3月11日までに交付された免許証は

普通免許で総重量5t未満、積載量3t未満の車を運転できる。

※次の免許更新時に「準中型(5t限定)」になります。

 

3月12日以降に交付された免許証は

普通免許で総重量3.5t未満、積載量2t未満の車を運転できる。

 

引っ越しやホームセンターで無料貸出できる2tトラックも

改正後は「準中型」の免許がないと使えなくなってしまいます。

 

改正前に取れば、同じ免許証でも

「準中型」になり運転できる車の種類も多い。

免許取り消ししたり、新しく取り直さない限り生涯変わりません。

 

そんなに良く乗る機会はないかもしれませんが

準中型の免許を取るためには、また時間も費用もかかってしまいます。

どうせなら改正前の方がお得と考える人は

早めに運転免許を取得した方が良さそうです。

運転免許を取得するまでの期間は?

運転免許証を取得するまでの期間はどのくらいなのでしょうか。

 

通学しながら免許を取得する場合

早ければ1ヶ月、3ヶ月から半年という人が多いようです。

中にはスケジュールが合わずに長くかかってしまうことも(T_T)

 

自動車学校は修了検定の「仮免」と卒業検定の「卒検」合わせて

9ヶ月以内に合格ししなければいけません。

 

修了検定に合格すると「仮免許」が取得できますが

仮免許を取得すると半年以内に卒業検定を受けなければならなくなります。

 

もしも、アルバイトをしながら通学して免許を取得しようとする場合は

修了検定が終わって仮免許を取得できたけど

アルバイトが忙しくてなかなか通学できず

やっと通学できるようになったときに春休みで人が多くて

スケジュールが合わずに半年過ぎてしまった・・・

ということがないように注意したいですね。

 

通学しながらの運転免許取得は・・・

アルバイトをしながら、学校に行きながら、会社に行きながら

何かをしながら運転免許を取得することができます。

 

そのため取得までの期間は合宿より長くなってしまいますし

人が多い時期だとスケジュール調整が難しいこともあるかもしれません。

 

合宿で免許を取得する場合

平均でマニュアル16日間、オートマ限定で14日間と

約2週間で免許を取得することができます。

 

やはり合宿で免許を取得する一番のメリットは

「早さ」ではないでしょうか。

 

例えば、高校・大学を卒業して就職するまでの間の短い期間でも

免許を取得することができますよね。

 

就職して仕事をし始めると

車が必要で運転しなければならない場面があるかもしれない。

仕事や普段の生活に車が必要なくても

いざ必要になったときに免許を持っていないと

すぐに車を運転できないし

仕事も休めない、取りに行く時間がなかったら・・・

そう考えて就職する前に免許を取得する人も多いかと思います。

 

合宿で運転免許取得だと・・・

合宿なのでバイトをしながらなど

何かをしながら取得したい人には向きませんが

スケジュールが全て決められているので

自分で調整しなくても良いのが魅力でもあります。

 

私も合宿で運転免許を取得しましたが

本免許の試験も卒業検定が終わった次の日に行ったので

あっという間に免許を取得することができました。

本当に早かったです。

 

私は前もって勉強して行ったのですが

合宿期間中は学科は教習を受けるだけで

ほぼ勉強する余裕がありませんでした。(個人差があります)

 

慣れない環境と慣れない運転で疲れますので

余裕があれば前もって学科など勉強しておくことをオススメします(^-^;)

 

何かをしながらなら通学

できるだけ早く!短期集中なら合宿

いろいろ見て自分にあった方法で運転免許を取得しましょうo(・ω・´o)