読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きのカーライフ

ゆっくりまったりな趣味ブログ。車に関する気になったニュースの備忘録など。

チャイルドシートの種類と設置位置

子供を守るチャイルドシートには

ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシート

3種類があります。

 

それぞれに使用時期が違います。

 

チャイルドシートの着用義務は6歳未満

5歳まではチャイルドシートを着用しなければなりません。

 

また、車のシートベルトは

身長140cm以上を想定して設計されているため

身長140cm未満の子供は

チャイルドシートの使用をオススメします。

 

●ベビーシート

新生児~10ヶ月くらいまで

体重10kgくらいまで

身長65cmくらいまで

首がすわる前の乳児を寝かせて使用します。

後ろ向きに使用するものが主流。

 

チャイルドシート

9ヶ月~4歳くらいまで

体重10~18kgくらいまで

身長65~100cmくらいまで

幼児用で前向きで使用するものと後ろ向きで使用するものがある。

 

●ジュニアシート

4歳~10歳くらいまで

体重は15kg~36kgくらいまで

身長100cm~135cmくらいまで

シートの上に装着し、その上に座ることで足りない座高を補い

シートベルトを正しい位置でつけることができる。

 

ベビーシートは車が正面衝突した時に背中で衝撃を分散させて

頭を守るために後ろ向きのものが主流になっています。

 

「Eマーク」のついたチャイルドシートを選んで

国土交通省が安全基準を満たしたものに認証している「Eマーク」のついている

チャイルドシートがオススメです。

命にかかわることなので、より安全なものを選びたいですよね。

 

チャイルドシートの設置位置

チャイルドシートを助手席で使用しても違反にはなりませんが

設置する位置としてはあまりオススメできません。

 

実は助手席は後部座席よりも交通事故が起きたときの

死亡率が高いのです。

 

助手席にはエアバッグがついていますが

これも体の小さな子供には顔が押し付けられると

窒息してしまう可能性があり危険です。

 

助手席に乗せるときは

チャイルドシートを助手席に設置するときは

シートをできるだけ後ろに下げて

エアバッグから遠ざけましょう。

 

一番安全な場所は

運転席の後ろの席と言われています。

2番目がその隣の助手席の後ろ。

その時の状況によって違うのでこの順番が絶対ではないですが

助手席よりも後ろの席の方が安全なようです(^-^)