読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きのカーライフ

ゆっくりまったりな趣味ブログ。車に関する気になったニュースの備忘録など。

免許証を自主返納する人が増加!返納したら申請できる“運転経歴証明書”とは?

アクセルとブレーキを踏み間違える、認知症の高齢者の暴走など
最近ニュースでよく見る高齢者の自動車事故。

そんなニュースが多いせいか
最近運転免許証の自主返納をする人が増えてきているらしいのです。

 

警察庁交通局 運転免許統計 平成27年版によると
平成23年が約7万、平成27年ではなんと約30万件!!
4年で約23万件も増加しているとは驚き(@_@;)

 

とはいえ、運転免許証を返納すると
身分証明書が無くなる!と思っている人も少なくないのでは?
そんな人は運転経歴証明書を発行してもらいましょう(^-^)b

 

運転経歴証明書とは?
運転免許証を自主返納した人が申請できるもので、運転免許証と同じ形状のものです。
そこには

運転経歴証明書(自動車等の運転はできません)

と大きな文字で書かれています。

 

運転経歴証明書の有効期限はありません。
身分証明として一生涯使う事ができます。

 

申請可能期間は運転免許証の取り消しから5年以内。

申請する場所は運転免許センター・運転免許試験場・警察署
※警察署で申請した場合は交付までに2~3週間かかるので注意。

 

住んでいる都道府県などによっても違いはありますが、交通機関の割引などの特典もあります。
運転経歴証明書の交付手数料を全額助成している地域もあるそうです。

 

身体が元気だと、まだまだ運転できると思ってしまいますが、運転はできても認知・判断・行動力はどうしても低下してしまっているものです。
『そろそろ…』と思う人は事故をしてしまう前に自主返納して、運転経歴証明書を発行してもらいましょう。